刀匠天儀 登場人物・長船長義

長船 長義(おさふね ちょうぎ)  CV:代田橋 馬竿

0005Tyougi

「安心してくださいよ、相手が本気で嫌がることはしない主義ですから」


自由奔放な性格で、人をからかうのが好き。
目上の者(あるいは、敬意を払うべきと長義自身が判断した者)に対しては、若干くだけてはいるものの敬語を使う(ただし、いたずらしないとは限らない)。


「相伝備前」と呼ばれる、備前刀に相州伝を加味した作風を持つ。正宗十哲の一人。
「備前の中で最も備前離れした刀工」と称される。

・刀 山姥切
信濃の山中で山姥を退治したことが由来ともいわれる。
北条氏政からこの刀を賜った長尾顕長は、堀川国広に山姥切の写し「山姥切国広」を作らせた。
また、長尾顕長の命によるものと思われるが、その後堀川国広は山姥切に銘を入れている。
名刀幻想辞典より)

・刀 八文字長義
「鬼義重」と呼ばれた佐竹氏第18代当主佐竹義重の刀。
義重がこの刀で敵の騎馬武者を頭上から切りつけたところ、身体が真っ二つになり、八の字になって馬の左右に落ちたことに由来。
名刀幻想辞典徳川美術館より)

・刀 六股長義
徳川家康の家臣・大久保忠世が所持していた刀。
忠世が3人の盗賊(または敵の兵とも)にこの刀を振るうと、3人とも太股を切られて倒れた。
3人6つの股を切ったということから六股長義と呼ばれる。
名刀幻想辞典より)