刀匠天儀 登場人物・水越勝重

水越 勝重(みずこし かつしげ)  CV:桜瀬 尋

0000Katusige

「お帰りなさいませ、刀儀様!お待ちしておりましたぞ!」
「お困りのことがございましたら、何なりとご相談ください」


刀儀(プレーヤー)の相談役(ナビゲーター)。めんだこの姿をしている。
真面目で健気な性格で、特技は築城と薬作り。
よく語尾に「ぞ」や「ですぞ」をつける。


戦国時代の越中国(富山県)の武将。
富山城を築城したとも言われている。

刀匠天儀 登場人物・加州兼若

初代 加州 兼若(しょだい かしゅう かねわか)  CV:聖蹟桜ヶ丘 太郎

0015Kanewaka

「殿!殿の好きな人、聞かせてくださいよ~!
え?そんなこと言わないで、俺と恋話(こいばなし)しましょうよ~!」


恋愛と恋話が大好き。女の子と付き合いたいと常々思っている。
合コンに興味津々な反面、実際においてはかなり純情で奥手。
少女漫画と可愛いものが好きで、少女趣味の持ち主だが、それが女の子に引かれる要素になりうるとは全く思っていない。


江戸前期、加賀国(石川県)で活躍した刀工。加賀正宗と呼ばれる。
志津三郎兼氏(正宗十哲の一人)の末裔。

刀匠天儀 登場人物・加州清光

六代目 加州 清光(ろくだいめ かしゅう きよみつ)  CV:歩時

0014Kiyomitu

「なんだ、腹減ってるのか?ちょっと待ってな、今すぐ何か作って来るからさ!」


朗らかできっぷが良い。
鍋料理と節約料理が得意で、よく食事当番になっている。
自身は節約家だが、それを他人に強制することはない。


江戸前期、加賀国(石川県)の刀工。十二月清光とも呼ばれる。
鍛冶町で鍛刀を営んでいたが、生活に困り御救小屋に入って作刀を続ける。
のち加賀藩主に認められ、前田家伝来の梅鉢家紋の使用を認められる。

 

郷義弘 キャラクターソング「ひだまりに寄り添う花」

刀匠天儀ボイスキャスト主催キャラクターソング
ひだまりに寄り添う花 郷義弘 / CV 口谷亜夜 

キャラソンカバーイラスト_1000

TMBOX版:http://tmbox.net/pl/1022678

ニコニコ動画版:http://www.nicovideo.jp/watch/sm28572100

◆制作◆

主催:口谷亜夜
作曲:双茂史人
作詞:三日月&口谷亜夜
歌:口谷亜夜
イラスト:三日月

刀匠天儀初のキャラクターソングです。

郷義弘のキャラクター紹介はこちらです。

刀匠天儀 登場人物・藤原清人

藤原 清人(ふじわらの きよんど)  CV:空木 あすた

 0010Kiyondo

「私がしたことなんて……師匠からいただいた御恩と比べれば、些細なことです。」

源清麿の弟子。清麿の教え方はかなり厳しかったが、心から師を尊敬している。
清麿が自刃した後、他の門人が去る中、1人残って師の借金と刀債を返した。
廃刀令後は、家業の温泉旅館(山形県のあつみ温泉 あさひや旅館)を営む。
温厚で人当たりが柔らか。風呂と酒が好き。


江戸時代末期~明治時代初期の刀工。出羽国(山形県)出身。本名は斎藤小市郎(さいとう こしろう)。

・刀 銘『稜威尾羽張』(みいつのおはばり)
清麿の死後、清麿の親友である斎藤昌麿のために作刀した刀。
『稜威尾羽張
先師清麿為信友昌麿主欲作神劔積貯地銕
廿年焉終不果委于我而辞世故継其志誓大神慎造之
後世必有神霊灼然矣 藤原清人』
「稜威尾羽張
先師清麿、信友昌麿ノタメニ、神剣ヲ作ラント欲シ、地鉄ヲ積貯スルコト廿年、
終ニ果タサズ、我ニ委シテ世ヲ辞ス。故ニ其ノ志ヲ継ギ、大神ニ誓ッテ慎ンデ之ヲ造ル。
後世、必ズ神霊ノ灼然タルモノアラン。藤原清人」
(成瀬関次『日本刀匠譚』、『豊前守藤原清人』より)

・脇差 銘『安政六年清人作 名人有似所二ツ酒呑銭無ト』
「名人に似たる所二つあり酒呑みと銭無しと」
清麿の死から約5年後に打った刀。
名人であった師清麿を忍ぶとともに、自分が師に遠く及ばないことを銘に残している。
(『豊前守藤原清人』より)

 

刀匠天儀 登場人物・源清麿

源 清麿(みなもと きよまろ)  CV:愛音 録

 0011Kiyomaro

「酒、か……。昔は好きだったが、もう二度と口にしねぇって決めてるからな。今は水で十分だ」

名工であったが、42歳の時に自刃。死後、弟子の藤原清人に迷惑をかけたことを悔いている。
しかし、かつて清人には怒鳴り散らすように教えていた手前、どう接すれば良いか分からず戸惑っている。
不器用でぶっきらぼうな性格だが、心根は優しい。


江戸時代末期の刀工。四谷正宗と呼ばれる。本名は山浦環(やまうら たまき)。

・刀 中条清麿
剣豪中条金之助が所持していたことにちなむ。
(『生誕200年記念 清麿』より)

・太刀 銘『為窪田清音君 山浦環源清麿製 弘化丙午年八月日』
清麿の作刀の支援者である窪田清音(くぼた すがね)に贈った刀。
(『生誕200年記念 清麿』、『新・日本名刀100選』より)

 

ミニボイスドラマ「郷義弘の料理」

 

刀匠天儀ボイスキャスト主催ミニボイスドラマ
「郷義弘の料理」

主催:口谷亜夜(郷義弘役)

郷義弘(イラスト中央)、岡崎正宗(右)、佐伯則重(左)のほのぼの師弟トリオによる
ほんわかした日常ストーリーです。

郷義弘の料理
TMBOXにて公開中されています。(画像をクリックするとTMBOXに飛びます)

 

◆ストーリー◆

料理が下手が郷義弘が、岡崎正宗師匠に教えてもらって肉じゃがを完成させたものの、
迫力のある香りを放ち独創的な見た目をしていた。
するとそこに佐伯則重先生が通りかかって……
 

◆制作◆

シナリオ、音声編集:口谷亜夜
 

◆ボイス◆

郷義弘:口谷亜夜
岡崎正宗:花護
佐伯則重:R

刀匠天儀ボイスキャスト決定

刀匠天儀に出演いただくボイスキャスト(CV)が決定しました。
たくさんの方々からご応募をいただき、誠にありがとうございました。

 
募集期間:2015年12月31日~2016年1月31日
募集人数:16名 (刀匠15名、ナビゲートキャラクター1名)

仮応募者数:148名 (台本および資料を請求してくださった方)
本応募者数:120名 (仮応募者様のうち、応募用音声を提出してくださった方)

刀匠天儀

キャラクター名 ボイスキャスト HP & SNS
佐伯 則重 R (あーる) HP
郷 義弘 口谷 亜夜 (くちたに あや) HP Twitter
長谷部 国重 中村 祐介 (なかむら ゆうすけ)
初代 信国 朝倉 咲良 (あさくら さくら) HP Twitter
長船 長義 代田橋 馬竿(だいだばし まさお)
堀川 国広 杜和 佑紗 (とわ ゆうさ) HP Twitter
岡崎 正宗 花護 (はなもり) HP Twitter
??? 栄人 (さかと)
??? 霜月 柊 (しもつき しゅう) HP Twitter
藤原 清人 空木 あすた (うつぎ あすた)
源 清麿 愛音 録 (あいね ろく) HP
??? 若園 賢二 (わかぞの けんじ)
??? 春日 祐希 (かすが ゆうき) Twitter
加州 清光 歩時 (あると) HP
加州 兼若 聖蹟桜ヶ丘 太郎
(せいせきさくらがおか たろう)
水越 勝重 桜瀬 尋 (さくらせ ひろ) HP Twitter

 

審査の結果、以上16名の方に決定いたしました。

採用・不採用を問わず、皆様心を込めてキャラクターを演じてくださったことに
心より感謝いたします。
また、応募時にフォームやメール、音声(フリートーク)で温かいメッセージを
くださった方々、音質や演技のリテイクに協力してくださった方々には
重ねてお礼を申し上げます。

ボイスキャストに関する情報は、今後もHPやTwitterなどで公開していきます。
1人でも多くの方に楽しんでいただけるゲームになるよう、愛情と誠意を持って
制作を続けていきたいと思いますので、今後共どうぞよろしくお願いいたします。
 

                                刀匠天儀 開発者 三日月

 

刀匠天儀 登場人物・堀川国広

堀川 国広(ほりかわ くにひろ)  CV:杜和 佑紗

0006Kunihiro

「作刀も戦(いくさ)も、ぜんぶ僕におまかせください!」


明るくていつも元気いっぱい。
感情豊かで、表情がころころ変わる。
長義をライバル視していて、ことあるごとに勝負を挑む。


日向国(宮崎)の安土桃山時代の刀工。中興の三傑の一人。
元は日向国伊東家の家臣だったが、主家没落後、山伏修行などをしつつ諸国を放浪し、作刀を行った。

・刀 山姥切国広
長尾顕長の依頼により、長船長義作「山姥切」を写して作刀した。
堀川国広の最高傑作と言われる。
名刀幻想辞典、「堀川國廣とその一門」より)

・刀 加藤国広
加藤清正が所持していたことに由来する。
清正の娘が紀州徳川頼宣へ嫁入り道具の一つとして持たせた。
名刀幻想辞典より)

刀匠天儀 登場人物・長船長義

長船 長義(おさふね ちょうぎ)  CV:代田橋 馬竿

0005Tyougi

「安心してくださいよ、相手が本気で嫌がることはしない主義ですから」


自由奔放な性格で、人をからかうのが好き。
目上の者(あるいは、敬意を払うべきと長義自身が判断した者)に対しては、若干くだけてはいるものの敬語を使う(ただし、いたずらしないとは限らない)。


「相伝備前」と呼ばれる、備前刀に相州伝を加味した作風を持つ。正宗十哲の一人。
「備前の中で最も備前離れした刀工」と称される。

・刀 山姥切
信濃の山中で山姥を退治したことが由来ともいわれる。
北条氏政からこの刀を賜った長尾顕長は、堀川国広に山姥切の写し「山姥切国広」を作らせた。
また、長尾顕長の命によるものと思われるが、その後堀川国広は山姥切に銘を入れている。
名刀幻想辞典より)

・刀 八文字長義
「鬼義重」と呼ばれた佐竹氏第18代当主佐竹義重の刀。
義重がこの刀で敵の騎馬武者を頭上から切りつけたところ、身体が真っ二つになり、八の字になって馬の左右に落ちたことに由来。
名刀幻想辞典徳川美術館より)

・刀 六股長義
徳川家康の家臣・大久保忠世が所持していた刀。
忠世が3人の盗賊(または敵の兵とも)にこの刀を振るうと、3人とも太股を切られて倒れた。
3人6つの股を切ったということから六股長義と呼ばれる。
名刀幻想辞典より)

刀匠天儀 登場人物・初代信国

初代 信国(しょだい のぶくに)  CV:朝倉 咲良

0004Nobukuni

「さーて、今日も一日がんばるぞーっと!」


お人好しで巻き込まれ体質。
国重をはじめ、周囲から弟(舎弟?)のように扱われることがしばしば。
刀身彫刻が好きで、彫り始めると呼びかけられても全く聞こえなくなるくらい集中する。


南北朝時代に活躍した山城国の刀工。貞宗三哲の一人。信国派の祖。

重要文化財に「信國」と銘が切られた短刀などが指定されている。(Wikipediaより)

刀匠天儀 登場人物・長谷部国重

長谷部 国重(はせべ くにしげ)  CV:中村 祐介

0003Kunisige

「殿にぜひ、相州伝の良さをもっと知っていただきたいです」


真面目な性格で、礼節を重んじる。
刀は気高く美しいものであり、それを作り出す刀匠もまた刀に見合う品格を持つべきだと思っている。
坊ちゃん扱いすると怒る。


南北朝時代に活躍した山城国の刀工。正宗十哲の一人。

・刀 へし切長谷部(国宝)
この号は、織田信長が茶坊主を手打ちにしようとしたところ、御膳棚の下に隠れてしまったため、棚の下に刀を差し入れたところ、胴体ごと切れてしまったことに由来する。
その後、黒田官兵衛が信長から拝領し、以後黒田家に伝わる。
名刀幻想辞典『日本刀―天下名刀の物語』より)

 

刀匠天儀 登場人物・郷義弘

郷 義弘(ごうの よしひろ)  CV:口谷 亜夜

0002Yosihiro

「あ、あの、一生懸命お仕えします…!」

佐伯則重と岡崎正宗の弟子。
人見知りで恥ずかしがり屋だが、主君に対する忠誠心は人一倍。
よく女の子に間違われることを気にしている。


鎌倉時代末期の越中国の刀工。天下三作および正宗十哲の一人。

・刀 稲葉江(国宝)
稲葉重通が所持していたことにちなむ。
のちに家康が買い上げ、関ヶ原に臨む際、家康の指示に異を唱える次男・結城秀康にこの稲葉郷と秘蔵の采配を授けて説得した。(ちなみに、結城秀康は義父の結城晴朝から天下三名槍の一つ「御手杵」を、親交のあった石田三成からは岡崎正宗作「石田正宗」を譲られている。)
名刀幻想辞典『日本刀―天下名刀の物語』『正宗―日本刀の天才とその系譜』 より)

・刀 富田郷(国宝)
富田一白が豊臣秀吉に献上する。秀吉が死去した際、前田利長が拝領した。
名刀幻想辞典より)

・刀 桑名江
桑名とは、本多忠勝の長男・忠政の居城である。
忠政が鷹狩りの際、ある農家で神棚に祀ってあったこの刀と出会い、本阿弥光徳に鑑定を依頼したところ、郷義弘と極められた。
名刀幻想辞典『日本刀―天下名刀の物語』『正宗―日本刀の天才とその系譜』より)

・刀 五月雨江
号の由来は『享保名物帳』によると、五月雨の頃に郷義弘と極められたからとも、また、刀が五月雨の時期のように霧がかかったように見えるためとも言われる。
 (名刀幻想辞典『正宗―日本刀の天才とその系譜』より)

・短刀 倶利伽羅郷
明智光秀が織田信長から拝領し、秘蔵した刀。
本能寺の変ののち、光秀の重臣・明智秀満は、この倶利伽羅郷や、不動国行、二字国俊、薬研藤四郎などの名宝とともに坂本城に入る。
秀吉軍に包囲され、もはやこれまでと悟った秀満は、天守閣から敵勢に名宝を降ろしたが、そこに倶利伽羅郷は含まれていなかった。
それを問われた秀満は、「光秀様が秘蔵されていた刀なので、我が腰に差して、死出の山でお渡ししたく思う」と言い、天守閣に火を放って自害したという。
Wikipedia名刀幻想辞典より)
(※Wikipediaによると脇差、名刀幻想辞典によると九寸三分の短刀であるとされている。)

刀匠天儀 登場人物・佐伯則重

佐伯 則重(さえき のりしげ)  CV:R

0001Norisige

「あんま無理しないで、やわやわ行きましょう」

新藤五国光(しんとうご くにみつ)の弟子で、郷義弘の師匠。
のんびりした性格で少し天然。
昆布が好物で、いつも懐に入れて持ち歩いている。


鎌倉時代末期の刀工。相州伝。正宗十哲の一人。
「松皮肌(まつかわはだ)」と称される、松の木の樹皮のような立体感のある地鉄が特徴。

・短刀 日本一則重(国宝)
細川家伝来。松皮肌があまり目立たず、その健全さから「日本一の則重」とされ、「日本一則重」と呼ばれる。
Wikipedia名刀幻想辞典『日本刀―天下名刀の物語』より)

・短刀 秋田則重
秋田家が所持していたところ、黒田長政が秋田家の提示した倍の金額で買い上げた。のちに将軍家へ献上される。
名刀幻想辞典より)

・刀 小烏則重
二尺四分と半。豊臣秀吉の所蔵刀。現在は行方不明。
名刀幻想辞典より)

・刀 太閤則重
二尺一寸二分。松皮肌で、小振りながら華やかな乱れ刃。
かつて豊臣秀吉が所持しており、本阿弥光悦筆の太閤蔵刀絵図に所載されている。
『特別展越中の名匠 則重・義弘とその周辺』より)

 

「刀匠天儀 鍛刀中」一振り目 公開しました

「刀匠天儀 鍛刀中」では、2016年春公開予定の刀匠育成ゲーム「刀匠天儀」の内容をノベルゲーム形式でご紹介します。


刀匠天儀鍛刀中

スタート画面です。

ゲームをプレイしていただき、ある条件を満たすと、右下の「刀儀帳」が解放され、キャラクターの設定(プロフィール)が見られるようになります。


 

刀匠天儀鍛刀中

プレイ中の画面です。

今回の一振り目では、初期双のうちの2人、佐伯則重(画面左)と郷義弘(画面中央)がメインとなっています。

佐伯則重:越中呉服(くれは)郷出身の刀匠。郷義弘の師匠。おおらかな性格。

郷義弘:越中松倉郷出身の刀匠。則重のことを「先生」と呼び慕う。人見知りで恥ずかしがり屋。


 

「刀匠天儀 鍛刀中」は、パソコン上のブラウザでプレイしていただくことが可能です。

プレイ時間目安:5分前後

「刀匠天儀」開発中です

刀匠たちを集めて育てる女性向けシミュレーションゲーム「刀匠天儀」開発中です。

刀匠天儀

 

・プレーヤーは刀儀少輔(とうぎしょうゆう)となり、刀匠たちの殿、主君として彼らを束ねます。

・刀匠たちは、双(そう)という2人1組のコンビで、戦闘や鍛刀を行います。

・双を育てると、絆レベルが上昇し、日常会話や、戦闘での会話に変化が生まれます。

・刀匠たちには、師弟、同志、好敵手など、さまざまな関係があります。外から見ると良好な関係の双もたくさんいますが、本当の部分でわかり合えていなかったり、あるいは犬猿の仲で反発し合っていたりすることがあります。

・そんな彼らが成長し、互いに絆を深めていくことで、人と人との関係の中で生まれる「癒やし」を感じていただけるゲームです。

「戦国めんだこ」公開中です

「戦国めんだこ」は、めんだこになった武将を集めてコミュニケーションする癒し系カジュアルゲームです。

戦国めんだこ

ゆったり、まったりした「めんだこ武将」とトークしたり、お世話したりしてコミュニケーションすることができます。

 

詳しい情報はこちら

 

Android、iOS対応 無料アプリ
戦国めんだこ Android版  戦国めんだこ iOS版